ホーム

宮原社労士事務所

特定社会保険労務士 宮原 聡埼玉県川越市の特定社会保険労務士、宮原 聡と申します。宮原社労士事務所のサイトをご覧くださり、ありがとうございます。

さて、働き方改革関連法の施行(平成31年4月1日)が近づいており、これに伴い、年次有給休暇の時季指定義務に関するお問い合わせを多くいただいております。

平成31年4月1日以降、全ての使用者は、10日以上の年次有給休暇が付与される全ての労働者に対し、毎年5日以上、時季を指定して有給休暇を与える必要があります(労働基準法第39条第7項)。休暇に関する事項は、就業規則の絶対的必要記載事項ですので、時季指定の対象となる労働者の範囲及び時季指定の方法等について、就業規則に記載しなければなりません(同法第89条)。これらに違反した場合には、30万円以下の罰則が科されることがあります(同法第120条)。罰則による違反は、対象者となる労働者1人につき1罪として取り扱われます。

また、労働者ごとに年次有給休暇管理簿を作成し、3年間保存しなければならないという規定も設けられました。

この機会に、就業規則の作成・改定をご検討の事業主様もいらっしゃると思います。また、就業休日カレンダーについて、見直しを行いたいという事業主様もいらっしゃると思います。宮原社労士事務所は、中小の事業主様が円滑に就業規則を導入しやすいよう、お客様からいただいたお声を反映したサービスを提供しております。

なお、労働条件の不利益変更を行おうとする場合、原則として就業規則の改定だけでは足りず、労働者との合意が必要(労働契約法第9条)です。難しいご相談につきましても、親身にお話を承ります。

社会保険労務士(社労士)をお探しなら、宮原社労士事務所へお問い合わせください。どうぞよろしくお願いいたします。

ご相談ください


宮原社労士事務所は、随時、ご相談を承っております。

・働き方改革関連法への対応に関すること
・就業規則に関すること
・助成金に関すること
・労働保険及び社会保険に関すること
・労務(労働トラブル)に関すること

など、お困りのこと、急ぎ解決したいことなどがございましたら、宮原社労士事務所にご相談ください。

30分ないし1時間のご相談で、お客様に最適と考えられる対応策をお示しします。また、宮原社労士事務所がサポートさせていただく場合のお見積をお示しし、今後の流れについてご案内します。

ご契約を強いるといったことは決してございません。安心してご利用ください。

電話:049-236-4355
電話受付時間:平日9:00~20:00

お客様が希望される場合、社労士がお客様の事業所を訪問します。
(無料出張相談は、埼玉県川越市及び同市周辺に限らせていただきます。)

なお、個人のお客様を対象とした労働・年金に関するご相談は随時承っておりますが、無料出張相談は現在実施しておりません。ご了承ください。

事務所概要

ホーム > 事務所概要

事務所概要


宮原社労士事務所

■ 所長
特定社会保険労務士 宮原 聡(代表ごあいさつ
登録番号 第11070099号

■ 所在地
〒350-0847
埼玉県川越市東本宿105-3

■ 電話
049-236-4355
(電話受付時間:平日9:00~20:00まで)

■ 沿革
平成19年12月 社会保険労務士登録
平成20年1月 開業
平成21年4月 特定社会保険労務士の付記

■ 業務内容
労働社会保険諸法令に基づく申請書等の作成・提出、事務代理
労務管理、労働・年金相談
就業規則の作成
助成金の支給申請
労災特別加入(労働保険事務組合埼玉SR経営労務センター)
紛争解決手続代理業務

ブログ

年5日の年次有給休暇の確実な取得(2)

既に5日以上の年次有給休暇を取得している労働者に対しては、使用者による時季指定をする必要はありません。することもできません。 労働者が自ら取得した年次有給休暇の日数や、労使協定で計画的に取得日を定めて与えた年次有給休暇の …

年5日の年次有給休暇の確実な取得(1)

働き方改革関連法の施行により、平成31年(2019年)4月1日から、全ての使用者(事業者)に対して「年5日の年次有給休暇の確実な取得」が義務づけられます。 休暇に関する事項は、就業規則の絶対的必要記載事項であることから、 …